【ZENタイル】ココロを軽くするボードゲーム*遊び方

こんにちは!まやお(@ma8Blog)です☆

NEKO

最近なんだかうまくいかない。心がもやもやする。

AMABIE

忙しくて自分に向き合えていない気がする…

INU

気持ちをスッキリさせたい!!!

まやお

こういうことってよくありますよね!そんな人はコレで遊んでみて!!

テッテレー✨

ZENタイルの写真

ゼンタイル~!(ドラえもん風にお願いします。)

「なんじゃそれ」

…と思いました?

そんなあなたに。

この記事では・・・
  • ZENタイルとは
  • 基本的な遊び方
  • 本当にココロが整えられる?

この3点について解説していきます☆

ZENタイルとは

表情の描かれた黄色いボール4個

気持ちを表す漢字がかかれた碁石を時系列に並べ、自分の気持ちを客観的に見ることができるボードゲームです。

説明書には、

【自分の気持ちを描き出してココロがすっきりする一人用の遊び方と、みんなでお互いの気持ちを当てっこする多人数用の遊び方が楽しめるボードゲーム】

と書かれています。

(※この記事では一人用のあそび方のみご紹介します。)

これはあらゆる本でも言われていることですが、自分の気持ちを紙に書くと、ストレスも減り自己肯定感も下がりにくくなるそうです。

まやお

そういったことを端的に手軽にできるのがZENタイルかなと思ってます。


プレイする人数・時間・年齢

  • プレイ人数 1人~4人
  • プレイ時間 15分
  • 対象年齢 12歳~

このようになっています。

この記事で後程紹介する基本的なあそび方は、慣れると5分程でできるようになります。

また、対象年齢は12歳~となっていますが、あそび方によっては小学生でもあそぶことができました。


コンポーネント(はいっているもの)

  • 気持ち碁石(黒い碁石に気持ちを表す漢字が印字されています。)
  • おめでとう碁石(白い碁石)
  • 竹製の時間ボード
  • きれいなおはじき
  • 枯山水手ぬぐい
  • 説明書
入っているものはこんな感じ。漢字のフォントもおしゃれ♡

このゲームの魅力の一つでもあるのですが、入っているものが本物の碁石とか、竹とか、手ぬぐいとかなんです!テンション上がりませんか?(私だけ?)

ちょっと重みのあるひんやりとした碁石。竹の定規をほうふつとさせる懐かしい感じの時間ボード。ぜひ手に取ってその感触を楽しんでいただきたいです。

このゲームの部品には碁石など小さなものが含まれています。小さなお子さんにはご注意くださいね。


ZENタイルの基本的なあそび方

まやお

ここでは1人用の基本的なあそび方をご紹介します☆

準備

  1. 一人で静かに過ごせる場所に移動(コレとっても大切!)。
  2. 机の上に枯山水手ぬぐいを広げ、時間ボード軸を3枚横につなげて並べる。
  3. 気持ち碁石は裏向きにして置いておく。
  4. きれいなおはじきを手元に置いておく。
手ぬぐいと碁石とおはじき

遊び方

  1. 気持ち碁石を1個選んでめくる。
  2. 昨日1日を思い出して、気持ち碁石に書かれている気持ちになった出来事を思い出す。
  3. 時間ボードの該当する時間の場所に配置する。
  4. ①~③を繰り返して、10個目の気持ち碁石を配置し終わったら終了。
  5. 「よくがんばったね」と思える気持ち碁石にきれいなおはじきを添えて、昨日の自分へエールを送る。
  6. 盤面を眺めて、良い感情も悪い感情もすべて「それも自分だよね」と認めてあげる。

※気持ち碁石を配置するときのポイント

  • 自分が「いい気持ち」と思う碁石は、時間ボードより上に。「いやな気持」と感じた碁石は時間ボードより下に配置します。
  • その気持ち碁石の出来事が思い出せなかった場合は「思い出せない気持ち置き場」を作り、そこに置きます。(手ぬぐいの上なら場所はどこでも大丈夫です。)
黒い碁石と竹製の時間ボード


実際に遊んでみるとこのような感じ!

まやお

実際に私が遊んでみたときの頭の中を解説します!

黒い黒い碁石と竹製の時間ボード

●実際に碁石を引いた順番です

 もう少しでブログが完成しそう!と望みが見えた0:30

 娘が朝おちゃらけて変な踊りをしていたな… 癒された。

 子どもたちが寝て、家事も終わり!一人時間♡

 家族で食卓を囲えるって幸せなことだよなぁ。

 SNSで嫌な情報を目にしてしまった。悲しい。

 YouTubeでマコなり社長さんの動画を見る。楽しい。

 SNSで嫌な情報を見たとき悲しいと同時に羨ましいという気持ちも。【悲】よりもこっちの気持ちが強いかも。【悲】の下に配置しよう…

 子どもたちが部屋を散らかして、なかなか片づけないことに激怒(笑)

 娘の髪を結っているとき、傷んでないキレイな髪だなぁと毎日思う。

 マコなり社長さんの動画見てた時に声に出して笑ったな…。【楽】と一緒に配置しよ。

このような感じで碁石を配置しました。

最後に、きれいなおはじきを配置。

この日は普通の日だったけど、そんな何気ない普通の夕食時の幸せが続けばいいなぁ…と、【幸】にきれいなおはじきを添えました。

碁石と竹製の時間ボードとおはじき
まやお

この日は何も変哲のない1日だったことがバレバレですね(恥)

このように昨日の一日を振り返ります。

一番最後に盤面を眺めてネガティブな感情にも自分で自分に寄り添います。「昨日も一日良く頑張りました。自分えらい!」と自分にエールを送って終了。


なれてきたら色々な方法にチャレンジ!

始めのうちは【緊】の碁石が出ても「昨日、緊張したことあったっけ??」と思い出せず、碁石を置くことができない場合も多いです(そんなときは「思い出せない気持ち碁石置き場」に置く。)

ですが、慣れてくると、ちょっとした緊張の瞬間を思い出せるようになるんです。

気持ち碁石を20個すべて配置できるかチャレンジしてみても面白いです♪

また、盤面を写真にとれば、自分にしかわからない日記の完成ですよ。SNSなどに公開してみんなで楽しむのもいいでしょう。

ハッシュタグ 【#ZENタイル】を使用すると他のみんなの盤面が見られます。

このゲームは、他にも多人数用ルールもあります。

そして何より自由度の高いゲームなのでオリジナルの遊び方を考えても面白いです。


ちょっと話はそれますが…

うちの子は学校から帰って来たときに「学校どうだった?」と聞いても「楽しかったー。」としか答えません。学校での様子を知ろうと思えば、具体的な細かい質問をたくさんしないといけないのが苦痛でした。

ですが、このZENタイルを使って感情を振り返りながら話を聞くと学校でどんなことをしてきたのかよくわかります。この遊び方はまた違う記事で詳しく書こうと思います。

ZENタイルで本当にココロが整えられる?

アルファベットが書かれた木の駒3個

結論:整えられます。

私の実体験の話し

ちょっぴり長くなるので、ここは飛ばしていただいても構いません。

まず実体験としての話になりますが、私がZENタイルと出会ったのは、このゲームを作った川口さんがZENタイルのモニターを募集していたところに手を挙げたのがきっかけです。

そのころちょうど、委員活動やイベントなど、いろんな行事が重なってヒーヒー言っていたタイミングでした。自分の心にもちろんゆとりはなく、子どもに対しても怒ってしまうことが多かったです(反省)

日々の忙しさに自分と向き合うことを忘れてしまっていましたが、ZENタイルを使うとそれが強制的に行われます。

忙しいときに「自分は今忙しかったんだ」「気持ちがぐちゃぐちゃしてたんだ」と気が付くことができました。自分に目を向けられないときはそんなことにすら気が付きません。

毎日を振り返ることで、「あ、今自分すごく嫌な気持ちがしている」というネガティブな気持ちを素直に受け入れられるようになったんです。

そして、その嫌な気持ちを持っている自分を含めて自分。ということが頭の中で理解できるようになりました。

こうなると、気持ちまで楽になるので、不思議なものです。


なぜココロが整うのか

メンタリストDaiGoさんの本ではよく、「なぜ自分がこう感じているのか」を客観視して、自覚する“ 自己認知 ”という言葉が出てきます。そして自己認知するために紙に書き出すことを提唱しています。

また、「何があっても「大丈夫。」と言えるようにな自己肯定感の教科書」著:中島 輝 の中でも、自己肯定感を高めるにあたり自分の気持ちを「吐き出すこと」や「喜ぶこと」をすると良いといわれています。

ZENタイルは、こういったことに非常によく似ています。

気持ち碁石を置くことや最後に盤面をながめること、きれいなおはじきをおいて自分を労い、認めることで、自己認知や自分の気持ちをうまく出すことができるのではないかと思いました。

ZENタイルは現在2種類!

現在販売されているZENタイルは、今回紹介した

『ZENタイル ベーシック』と、

『ZENタイル ソロ』

の2種類があります。

ベーシックは碁石や手ぬぐいなど、コンポーネントが豪華。多人数用ルール付き。

ソロは、タイルは木製でとってもコンパクト。持ち運びに便利。お値段もお安めです。

どちらも、ココロを整える機能、あそび方は同じですので、お好みで選んでいただいて良いかと思います。

ZENタイルについてまとめ

積み上げ石

いかがでしたか?

ZENタイルについてここまでの記事をまとめます。

ま と め
  • ZENタイルとは気持ち(感情)にフォーカスしたゲーム。
  • 客観的に自分の気落ちを見ることができる。
  • あそび方は色々と考えることができる。
  • ZENタイルでココロは整えられる!

ZENタイルは無限の可能性を秘めたゲームだと思っています。

今、新型コロナのこと、仕事や学校のこと、SNSや育児…

様々なことが良くも悪くも人間にとってはストレスです。人間として生まれた以上、そんなストレスとうまく付き合っていかなくてはいけません。

このZENタイルを使って、より手軽に自分と向き合ってみる時間を作ってみませんか?

一人でも、友達とでも、親子でも。是非一度遊んでみてほしいボードゲームのひとつです。

是非『ZENタイル』で検索してみてくださいね♪

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ZENタイルで気持ちが少しでも楽になる方が増えますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール


こんにちは。まやおと申します。
おもちゃとボドゲが大好きな2児の母です。
子どもと一緒に遊ぶこと、学ぶこと。この楽しさを基本に発信していきます。
好きな言葉は「ユニーク」と「遊びごころ」♪
どこかのお母さん&お父さんの育児のヒントになると嬉しいです。